鳥取放浪記: 水木しげるロードを歩く。

日帰り温泉で前回のブログを書いて、近くの道の駅・あらエッサに移動し一夜明けた11/8。全くノープランだったので起きてから近場の観光スポットを検索し、一日で巡れそうなルートを選定しました。色々と検索し、決めたルートをGoogle Mapで示すと下の図のようになります:

A 道の駅・あらエッサ
B 水木しげる記念館
C 美保神社
D 磯の味処 さかな工房 ※昼食
E 枕木山 華蔵寺
F 松江城
G 神魂(かもす)神社

突貫で決めたルートにしては、我ながら自分の趣味と合致した良ルートになったと思いました。出発したのは8:30、まず向かったのは水木しげる記念館。鬼太郎といえば小さい頃「夏休みアニメスペシャル」みたいな再放送をよく見ていました。他にはパーマンとか忍者ハットリくんもやっていた気がします。実に懐かしい・・・。記念館のある辺りには水木しげるロードというゲゲゲの鬼太郎の妖怪達が立ち並ぶ道があるということは調べ済みでしたが、実際に行ってみるとこの道が楽しすぎる!!9時過ぎに到着しましが、朝一にも関わらず大勢の観光客が道の両サイドの妖怪達を見て歩いていました。


水木しげるロードにはこんな時計が何箇所か立っていました。


妖怪以外に、思わず微笑んでしまうような作業机も。水木しげる氏と鬼太郎、目玉おやじ、ねずみ男。

そんな人たちに俺も合流し、しばし妖怪を堪能。写真を相当数撮ったので、今回のブログはそんな妖怪たちの紹介にのみ徹したいと思います。これでも全体のほんのわずかで、実際にはさらに多くの妖怪が道の両サイドを埋め尽くしていました。まずはメジャーどころの妖怪たちから載せていきます。


鬼太郎。


上の鬼太郎の像の横にあった鬼太郎の下駄。よく見ると鬼太郎が下駄を履いていない。
そしてこの場所ではスピーカーから「カランコロン」と音が流れていました。芸が細かい!!


目玉おやじ。


ねずみ男。握手までして頂きました!


子泣きじじい。


猫娘。像は化け猫みたいでしたが・・・


こんな可愛らしい猫娘も。iPhoneを向けたらポーズしてくれました。


ぬりかべ。通行人が「食パンみたい」とコメントしておりなんだか可哀想に。


後ろも作りこまれています。

ここからはその他妖怪(俺が知らないだけかもしれない)たちで気に入ったものをセレクト。


べとべとさん。


傘化け。


ばけぞうり。よく見たら上の傘化けと顔の構成が殆ど同じな気が。


さがり。


河童。スネ夫にも見えます。いや、スネ夫が河童に見えるのか。


袖引小僧。


やまびこ。


海坊主。


のっぺらぼう。


丸毛。


だるま。

そして先日旅した石垣島でよく目にしていたこの方たちも。


キジムナー。妖怪ではなく森の妖精だったような気もしますが・・・。


シーサー。ゴジラでは怪獣としてメカゴジラと戦っていました。色んな作品に出張しています。

さらに、こんなオブジェや看板もありました。


鬼太郎の家って公衆電話って設定だっただろうか・・・。記憶だと木の上に住んでいたような。


看板のサインが可愛すぎる。

水木しげるロードがあまりにも楽しすぎて、1時間程度散策しました。散策で満足してしまったので結局記念館には寄らずに、次の目的地・美保神社へ。

中編に続く→

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください