渡航前夜。

再び夢を見る。自分はまたしても学生になっており、試験を受けている・・・何か長い文章を読んで答えるタイプの試験。夢の中なのにものすごく眠く、テストの途中で一瞬寝てしまい、起きたらもう時間があと10分。猛ダッシュで終わらせようと試みるもののやはり全部終わらない。全力を出し切れなかった悔いが残り悔しい思いをしながら、そこでようやく目が覚める。あの時点では現実だと思い込んでいました。やはり、勉強に対して全力を出し切らなかったことを心の底で後悔しているのかもしれない。そう考えると、いずれまた勉強に没頭する日が来るような、そんな予感もしています。

さて、明日からロンドンに10日間ほど行くので今から支度。といってももう何度も行っているので正直朝起きてからの支度でもまったく遅くはない。見始めたキバを滞在中に見ることと、数冊残っている小説やその他本を往復の飛行機で読むこと、クライミングジムに行くこと、あとは寿司を食べに行くことが楽しみで、つまりロンドンらしい楽しみというのは全くない!!日本の日常と全く変わらない。

そんな中、コンビニに向こうでの滞在費(空港で両替)を引き出しに行くついでに郵便受けを見てみると、これが届いていました。


“補”の手帳から、予備自衛官の手帳に昇格。

手帳が届くと、予備自衛官になったという実感が沸いてきます。昨日も関東で震度5弱という結構大きな地震があったばかりで、いずれ予備自衛官として人を救うことになるかもしれないと思うと身が引き締まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください