プラナン・クライミング紀行: DAY 7

早いものでプラナン滞在もついに最終日。ほとんど移動しかしていない一日ではありますが、軽く振り返っておきたいと思います。

旅七日目:2月5日(木)

この日の朝食は前日までと方向性を少し変えて、初めて入るホステル近くの店でMuesli with mixed fruit and yoghurtをいただきました。

最終日の朝食を摂った店
入った店。店名はSAAD?

最終日の朝食
朝食。オレンジ色のはパパイヤだろうか。他バナナ、パイナップル、マンゴーが入っています。

マレーシア行きの飛行機は18時発。シャトルバスは1時間ごとの事前予約が可能で、ホステル前に少し余裕をもって14時に来てもらうよう予約していました(空港までは1時間程度)。シャトルバスが来るまでまだまだ時間があります。朝食後、ホステルに戻りクアラルンプールの空港から予約していたホステルまでの行き方を調べ、空港から市街地への移動はシャトルバスが安いようだったので帰りの分も含めて往復で予約しました。ちなみに利用したのはこちらのシャトルバス。

SkyBus Airport Shuttle
https://www.skybus.com.my/

空港からKLセントラル駅まで往復でRM20(540円くらい)は安い。さて、荷物をまとめて11時にチェックアウト。受付近くに荷物を預けられたので、ホステル前にシャトルバスが来るまで貴重品などを持ちアオナンビーチで過ごすことにしました。ビーチ付近の雑貨屋(お土産屋?)にてゴザ(のようなもの?)が売られているのを発見。ビーチも岩場もみんなこのゴザのようなものを持ってきていたので欲しいなと思っていました。金額を確認すると、1人用が150タイバーツで2人用が180タイバーツとのこと。安い。

ゴザ販売店

荷物の都合でこのときの旅では入手できませんでしたが、次回は是非入手したいアイテムです。

チープチープの安さ
最終日の昼食はチープチープ。パッタイと炒飯が激安い。

昼食も摂りホステルに戻ったら蚊に刺されまくりながらホステルのロビーでバスを待ち、到着したシャトルバスに乗り込んだらクラビー空港へ。事前予約していたので100タイバーツで空港まで行けます。

道が空いていたからか思ったよりも早く空港に到着。すぐにチェックインカウンターに向かいます。なんとなく日本を出たときよりも荷物が重くなっているような気がしていたので(そんなわけはないのですが)心配していましたがまさかの荷物の重さを量られないという展開。チケットを渡されるのみでした。適当か。15時過ぎにはゲート前に到着し、18時の出発を待ちました。

クラビー空港出国ロビー
そこまでは混んでいない印象。

出発まで時間があったので、クアラルンプールで行く場所を色々と検索。こういう行き当たりばったりな感じがすごい好きなわけです。翌日の予定はこの時点ではこんな感じで漠然と決めました:

  1. 朝イチでバクテーを食べに徒歩で新峰肉骨茶というレストランへ
  2. Bank Negara駅まで歩き、Batu Cave駅へ
  3. バトゥ洞窟見学
  4. 電車を乗り継ぎAbdullah Hukum駅へ
  5. Camp 5 Eco City Mall店でボルダリング
  6. 電車でホステル付近まで戻り、夜市ジャランアローで夕食

この辺の予定を翌日滞りなく済ませられるよう、各種情報をスクリーンショットで保存してオフラインでも見られるようにして、そんなことをしているうちに搭乗時刻になりました。

さらば、タイ
17:55撮影。さらばタイ。

クアラルンプールまでのフライトは1時間半。あっという間です。到着したクアラルンプールの空港はイミグレーションがものすごい行列で、空港を出るのにフライトに要したのと同じ1時間半もかかってしまいました。空港に着いてすぐにRM100(2,700円くらい)をキャッシング。シャトルバス乗り場はすぐ見つかり、道が空いていたのか思ったよりも早い22:35くらいにKLセントラル駅に到着しました。

…と、ここまでは順調ですがここからホステルまでの移動でちょっとしたトラブル発生。徒歩40分くらいなので街の形状を把握する目的で歩こうとしたのですが

全然歩道がない。

歩行者に優しくない街です。勝手な想像ですが、急速に発展しすぎて街の細かな整備が追いついていない印象を受けました。方角は分かっているのですがその方角への道がまったく見つけられず、困り果てたのでSt. Regisというホテルに入り受付の女性スタッフに話しかけると非常に親切な方でタクシーの手配も含め色々と助けてくれました。ホステルまでのタクシー代はRM7。日本円にして

190円くらい。

次回来ることがあれば間違いなくタクシーを使うことでしょう。

23時過ぎに無事ホステルにチェックイン。ホステルのあるあたりはかなり雑多な感じで怪しげですが、宿泊客は結構いた印象です。タイで滞在していたアオナンがリゾート地だったのと比較して、クアラルンプールのホステルは東南アジア感満載でした。空港から急いでホステルに向かったので夕食抜きでここまで来ましたがあまりお腹も空いていなかったので、朝がっつりバクテーを食べることにしこの日はシャワーを浴びてそのまま就寝。就寝時刻は0時半くらいです。

クアラルンプール観光・日本帰国編に続く→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください