NEVER STOP EXPLORING

いきなり新しい事を始めたりする俺は、よく人に「どこに向かっているの?」と言われる。そんな時、心の中では(向かう先が分かっている事が正しいのだろうか?)と反論している。向かう先がある程度見えているという事は、自分の想像力の範疇にまだいるという事ではないだろうか。真のピークは、今の自分では想像すらできないような高い所にあると思っている。

自分の記憶や過去の経験が一日限りのものだったらどう生きるだろう?とよく考える。つまり、寝て起きたら全く違う身体で全く違う記憶や経験が与えられて、その日限りを生きているとしたら?と。SF的な思考かもしれないけど、こう考えると過去の失敗や直面する問題が「大した事ないな」と思えてくる。この前提でどう生きるか?といったら、俺なりに出した答えは「その日その日にやりたい事をやり尽くして生きる」ということ。

最近知った英単語”wanderlust”の意味が心に刺さる。画像の通りの意味で、訳すと「世界を旅したい、知りたいという強い欲求、衝動」という凄まじい意味の単語。

NEVER STOP EXPLORING!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください