青森放浪記其の二: 田んぼアート

前回のブログに引き続き、青森放浪記第二弾。この日は色々なところに行っており、一日だけの話ですがブログが3本に分かれています。

9/8、訪れたかった道の駅・いなかだてにて早朝起床。この日と翌日は台風13号の影響で予報が曇りか雨だったので、次に行く予定だった八甲田山を翌々日とし、この日から2日間を観光にあてる予定にしていました。この道の駅で見たかった「あるモノ」が見られるのは午前9時からという事で、朝食を摂ったりその日のプランを立てたりしつつ時間が来るのを待ちました。

そもそも何を見に来たのか。それはタイトルにあるとおり「田んぼアート」。毎年田んぼに描かれる絵を変えているという事でしたが、今年は俺が既に4回も見た(このブログを書いている時点では5回)あの作品のあのキャラクターが描かれているという事で、前々から見たい!と思っていたのでした。田んぼアートは田んぼの横にあるタワーに上ることで全貌が見れるのですが、上に行く前に下からも撮ってみました。

これだけではまだ何が描かれているのか分かりませんが、2枚目の写真をよ~く見ると文字が書かれているのが分かります。9時少し前に行ってみると既に何人かタワーが開くのを待っている人がいました。


このタワーから見下ろすことになります。

9時になり、中に入る。上に登って下を見下ろしてみると・・・















そう!シン・ゴジラです!!この時点で既に4回見ており、この田んぼアートを見た日の夜に5回目を見に行きました。普通に撮影するだけでは全貌を写す事が出来ず、パノラマ撮影でなんとか一枚に写す事が出来ます。

とにかくでかい!リアル!!朝から非常にテンションが上がりました。シン・ゴジラ、という文字もちゃんと映画のタイトルロゴの書体どおりになっています。田んぼアートではありませんが、ここには他にも石で作成されたアートも見ることが出来ました。

とにかくリアル!隣の車と比較することででかさが分かるかと思います。タワーには過去の田んぼアート作品の写真も展示してあり、見たかったと思うものがいくつか。

実にリアル!来年はなんの絵になるのか、今から楽しみです。ちなみにこの田んぼアートを見るには車以外に電車でも来れるようで、タワーのすぐ近くに駅がありました。


そのまんまなネーミング。

田んぼアートのシン・ゴジラに心底満足した後は青森市に移動し、とある施設に行きました。

続く→

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください