「目標を持つこと」が目標になっていた。

日曜一日かけてiPhoneの中を整理していたら、去年(14’)10月、ちょうど1年位前に書いたメモが出てきた。今年のテーマ、と銘打たれたメモで、つらつらと今後の目標を書いているんだけど、どうもしっくり来ない。そのしっくり来なさが今では漠然と分かるし、当時もなんとなく分かっていたように思う。

当時の自分は、クライミングにのめりこんではいつつもそれを生業にしたいと思えるわけではなく、また仕事もずっと同じことをしていく気はなく「今後どうして行こう」という漠然とした不安感に苛まれていた。

そんな目標がない状態で、「目標を持つ」ことが目標になってしまっていた。そして色々と搾り出して「これらを目標にしよう!」と息巻いていたわけだけど、結局それは「目標をもつために設定した目標」にすぎず、当たり前だけど全然続けていないし、メモ自体今見て久しぶりに思い出した始末。

色々と考えをこねくり回しても、結局そういったことには一切関係ない、「旅」という結論を出していた。今は旅に出るための準備を進めているけど、準備が終わり旅を開始したとしてもその時点で目標を達成したわけではなく、そこからが本当の始まり。そこからどこに行き着くのかはまだ分からないし、そもそも決めておく必要もない。

お金を貯めて旅に出よう。
日本全国を巡ろう。
各都道府県の最高峰に登ろう。
その後どうするかは、そのときに決めよう。

世界の真理を見つけよう!みたいな、たいそれた目標は要らなかったんだ、ということにいつの間にか気付いていた。気になると思ったことに突き進んでいけば、必ず自分の進むべき方向へ導かれていく。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください