趣味に過ごす週末其の二: 仮面ライダー・ザ・ダイナー

前回のブログに引き続き、趣味に過ごした週末の話です。前回は3ヶ月前の話でしたが、今回は2週間前、12月9日の話です。

この日の本来のメインイベントは再登場の盟友Zと劇場版のガンダムNTを見に行くことで、もともとは12月3日に予定していたものを急用で俺が行けなくなり仕切りなおしでこの日になったのでした。都内各所で上映していましたが、色々と検討した結果ガンダムに加えて『仮面ライダー・ザ・ダイナー』なる店舗がある池袋に決定しました。

映画は15時15分開始の回を予約してあり、Zと12時半に合流しまずはZお勧めの坦々麺屋さんへ。この店は山椒の痺れと辛さを1から5段階でそれぞれ調節できるシステムになっており、辛いのが苦手な俺は両方とも2段階目で設定。かなり山椒の効いた味は万人受けするわけではなさそうでしたが、癖になる味で個人的には美味しいと感じました。

店構え

坦々麺レベル2

映画が始まるまで時間があったので、近くのホビーショップやらを転々とし模型やフィギュアを見て回りました。こういう遊びができるあたり、Zは本当に貴重な友人です。時間になったので映画館に向かい、想像以上の数の観客らと共に鑑賞。感想は…

こ・れ・は・な・い

内輪揉めに世間が巻き込まれたような話で、さらにニュータイプが死をも克服するとかいう謎のオカルト設定が導入されたとんでもない作品でした。スター・ウォーズにしても宇宙世紀ガンダムにしても、近年の設定の改悪っぷりは何とかならないのだろうか。個人的にはシリーズ屈指の衝撃のラストだった閃光のハサウェイのアニメ化に期待です。ラスト改変されていたらもう二度と宇宙世紀シリーズは見ないぞ…。

衝撃的な『これはない』感にやられてしまった我々は、とりあえず水分を補給するためダイナーがある西口のサイゼリヤに移動。ソフトドリンクを飲みながら批評しあいました。ガンダムにまったく満足できなかった我々は、19時30分に予約していたダイナーに最後の望みををかけたのでした…。

そして19時30分。期待と不安を半々にしてダイナーに向かうと、そこはファンサービス満載の、店全体が仮面ライダー(特に平成)愛に満ち溢れている異空間だったのでした。ファンにはたまらない小道具がそこかしこに並べ、飾られており、写真撮影OKだったのでもちろんカメラ小僧になりました。

ブレイドとギャレン
ギャレンとブレイドよりコメント。ギャレンというとフォーゼの校長のイメージが強い。

カリス
こちらはカリス。ムッコロス!!

ブレイドは好きな作品なので本人たちもここに来たと思うとたまりません。そして

トライドロン!!

免許証

ドライブ!!1枚目の写真内に写っているのはハートとブレンですかね。免許証というアイテムのチョイスにドライブ愛を感じます。そして次が一番痺れたコーナーなのですが…

20本の...ベルト...!

20本のベルト。

平成ライダー19作品の全てを見ていて、さらに20作品目のジオウも現在進行形で見ている自分にとってこれは激アツな光景です。さらに平成ジェネレーションズFOREVERの予告もやっており、この時点ではそれこそ期待と不安にヤキモキしながら公開を待っていましたが、公開され鑑賞した今は当時の自分に「安心しなさい」と言ってあげたいくらい本当に最高の映画でした。

さて、この店はダイナーなので当然食事も摂れるのですが、若干高めの設定なのでとりあえず飲み物を頼んで店内を散策していました。自分が頼んだのはこちら。

エグゼイドリンク

エグゼイドリンクなる飲み物で、イチゴシロップを入れることでレベルアップするのだとか。こんな感じで各ライダーをモチーフにした飲み物、食べ物がたくさん用意されています。そんなこの店一番の見所は、というか遊びどころは、こちら。

ひざまずけぃ!!

ひざまずけぃ!!…ようするにショッカー首領の椅子があるわけです。店内にいる時点で恥じらいもなにもあったものではないので、気にせず盟友Zとショッカー首領遊びを堪能しました。店員さんに話しかけたところ非常に気さくな方で、どんなポーズをする人が多いかとかそんな話を詳しくしてくださり、色々と写真も撮ってもらいました。

へん...しん!!

変身ッ!!!

というわけで、ガンダムで盛り下がった我々を大いに元気付けてくれた仮面ライダー・ザ・ダイナーでした。このあとは別店舗に移り軽く日本酒を飲んで解散。Zと過ごす週末は毎回趣味に振り切った密度の濃い内容になり山やクライミングとはまた違う角度で非常に堪能できます。

ここ2回は山以外の趣味に振り切った週末のイベントを書いてきましたが、まだまだ山やら飲みやら出かけています。書くほうが追いつかないくらい色んなところに行っていますが、徐々に年末である今に近づいてきました。

←To be continued

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください