2016.04.16 クライミング@鳳来

週末はクライミング仲間のOさん・Nさん、さらに2人の師・Tさんらとともに愛知県・鳳来へクライミングへ行っていました。金曜の会社帰り、車でOさん宅へ直行し荷物を載せ替え、Oさん車で出発。こういうときに車があるありがたさを感じます。食材を買い、M駅でNさんをピックアップし新東名を経由し鳳来のエリア周辺へ。3人が想像していたよりも早く、0:00ぴったりに到着。某幕営地にテントを張り翌日のプランを立てつつ軽く一杯。


前夜のこのひと時がまた良い。

翌朝、Tさんと合流し岩場へ。2回目以降は分かりますが初回だと車の配置がややこしそうです。今回行った”鬼岩”エリアへのアプローチは結構長く、普通に歩けますが相当汗かきます。


アプローチ開始、普通に登山。

アプローチ開始から約1時間、鬼岩到着。鳳来初の面々は鬼岩にも圧倒されましたが、それよりもとにかくハイカラ岩がとんでもないインパクト!!写真では見たことありましたがあれは実物を見ないとその凄まじさが伝わらないなと感じました。鳳来の岩場は残置が原則NGなので、トライしたらとにかくトップアウトする必要があり、相当なプレッシャーがあります。


12台のオンパレード、ハイカラ岩!!

Tさんにプレクリップのやり方を教えてもらったりしながら、皆でワイワイセッション。シーズン前に登り込んでいなかった俺は5.10bで腕が張りに張り、しかもトップアウトできず。その1本でその日はほぼ終了でしたが実に楽しいセッションとなりました。アプローチシューズで11を軽々と登るTさんは凄すぎる。


登攀シーン・Oさん。


登攀シーン・Nさん。


アプローチシューズで11台を登るTさん。

数時間セッションし、駐車場へ。Tさんの下山がとにかくスピーディで最後の方は正直膝が笑いそうでした。その後鳳来のキャンプ場に移動し、大反省会という名のジンギスカンパーティで大いに盛り上がり(肉は北海道から取り寄せ!!)、23:30頃就寝。


幕営地は鳳来のキャンプ場。


大反省会の用意

翌朝は予報通り(というより予報以上の)大雨で、クライミングは諦め風呂に入ってTさんらとは風呂で解散。関東に戻ったあとは「いつも行かないジムに行こう」ということで日吉のビッグロックへ行ったのはいいものの3人共ヘロヘロ。それでも2~3時間登って帰宅。


壁の角度が色々合ってかなり面白いジム。また行きたい。

相当密度の濃い2日間(金曜入れると2.5日間?)でした。土砂降りの雨でずぶ濡れになったテントとフライを預かった俺は、会社に干すというミッションをOさんから預かり、会社の体育館前にて干す。


会社の体育館前

さて、次はGWのクライミング合宿!!!

3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください