Prefectural Peak Hunting 13: 龍神岳

同日に2県の最高峰に登れるのではないか?ということで、前回のブログに引き続き大台ヶ原を出て和歌山県の最高峰・ 龍神岳を目指しました。この週は余裕があり翌日1日使って高野山観光をしたので、和歌山編は前編・後編に分けて書いていきます。

まずは前編。目的地の道の駅・龍神ごまさんスカイタワーに近い出口で京奈和自動車道を降りた辺りでOrangeというアウトドアショップの看板があり、近くで気になったので寄り道しました。


おしゃれな店舗でした。

目当ては20Lザック用のザックカバーだったのですがそれはなく、結局何も買わずに道の駅へ。14時過ぎに着き、遅い昼食を摂ったあと道の駅の傍にある登山口から山頂へ向けて出発。


道の駅・龍神ごまさんスカイタワー。

山頂へ出発、とは言ったものの龍神岳手前の護摩壇山(かつて和歌山県最高峰と言われていた山)まで500m、龍神岳まではそこから700mしかなく、愛宕山の時と同じ20分くらいで到着しました。ちなみに和歌山県の最高峰の変遷に関してはウィキペディアに詳しく書かれています。


傍の登山口、まずはここから護摩壇山へ。


上記写真の位置はここになります。

道の駅の場所ですでに標高が1,200m以上あり昼でも涼しく、この日は雲が少しあるものの快晴で実に気持ちよく歩けました。登山道も整備されており、家族連れでピクニックなどに適した場所のように思います。近隣の人に限られるかもしれませんが…。


歩いていてめちゃくちゃ気持ち良かったです。


まずは護摩壇山の山頂。


そこからの道も気持ち良い!

護摩壇山から龍神岳に向けて歩いていたところ、唐突に目の前にバカでかい人工物が。


どどん!これは一体?


その先にもう一基。

どうやらこれはNHKの電波塔?らしく、そんな電波塔のあるところが龍神岳山頂でした。


山頂にある石碑。


石碑の裏側。命名されたのは2009年と、かなり最近の話です。


今回は行きませんでしたが道はさらに続いていました。


少し雲はありますが山頂からは良い眺めでした。


山頂からの眺めその2

道の駅に戻った時点でまだ16時前。何をするにも早すぎる時間なので、車で30分くらいのところにある「日本三大美人の湯」のひとつ・龍神温泉に行ってみることにしました。


温泉は川沿いにあります。


入口、毎度温泉はワクワクします。


入口にあった牛の像、何気に説明書きの内容が凄い。

源泉掛け流しの気持ち良い温泉で肌が無駄にすべっすべになりました。温泉で少しのんびりしたあと元いた道の駅に戻り、夕食を食べて就寝。ものすごい眠かったので山の中でもないのに21時くらいに寝ました。が、そのおかげで翌朝は早く起きて、素晴らしい朝焼けを拝むことができました。

続く→

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください