日本のゴジラ、再誕。

昨晩、レイトショーで公開初日のシン・ゴジラを観てきました。もう最高過ぎる!!傑作です。ゴジラファンとしては「これを待ってました!!」という感じです。日本のゴジラを映画館で観るのはFINAL WARS以来。クローバーフィールドやパシフィック・リムで悶々としていた気持ちや、一昨年のハリウッド版ゴジラで感じた「もう一歩」というところを、全部見事過ぎるくらいに見せてくれました。

ハリウッドではなく、日本がゴジラを作るとこうなる!!という謳い文句は完全に正解。色んな意味で日本以外にこの映画は作れないと思います。日本の歴史、特撮の歴史、本当に色んなものな絡み合ってこの作品を成立させています。庵野監督だけあってエヴァ臭も結構するのでその点で評価が分かれるかもしれませんが、俺は全然アリだと思いました。平成ガメラシリーズの特に2を見たときの感動を思い出しました。

今までゴジラ作品を見てきた自分としては、ゴジラであり、呉爾羅でもあり、さらにGODZILLAでもある今回の作品には度肝を抜かされました。劇場でやっている間に何回観に行くことになるか。

そして本日。昨日買いそびれたムービーモンスターシリーズの劇場限定ゴジラ2016を買いに朝一で再び映画館へ。15体くらいの中から厳選(関節のゆるさなど)して選んだフィギュアとパンフレットを買って車に戻ったものの、「今回は保管用と観賞用に二体買おう」と思い立ち映画館に舞い戻る。するとなんと残り一体!!危ないところでした。


保管用の一体。

帰宅して最後に買った観賞用フィギュアを開封してみると、成型時か輸送時に左足に何かが影響したらしく、左右の足のバランスがおかしい。立たせると微妙に斜めになるので、なんとか直そうとドライヤーで温めて輪ゴムで引っ張ったり色々と試行錯誤。


矯正中。

3時間くらい格闘して横方向の広がりは矯正できたものの、縦方向が全然直らない。諦めて、そもそもこいつを車のどこに載せるのか、ということで車で色々と試してみたところ、足裏に両面テープで固定するしか方法がないという結論に達し、車用スマホホルダーに付属していた両面テープを思い出し試しに付けてみました。いい感じに収まりましたが試験走行してみると右足側が浮いてしまう。縦方向の差が原因かな、ということで百均でスポンジ入りの両面テープを購入し右足の高さを調整。高さはこれでバッチリになりました。再度試運転してみたところ、ズレもなし。旅の相棒がもう一匹?増えました。


ドアを開けると。


近くで見ると。

そして今…二日連続でレイトショーに来ています。二回目のシン・ゴジラ、楽しみたいと思います!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください