Prefectural Peak Hunting 4: 大雪山(2日目)


中心で少し出っ張ってるのがおそらくトムラウシ山。

1日目から引き続き、大雪山2日目。4時起床の6時発。北海道の山は水を煮沸する必要があるので、水の準備などを慌ただしくやっていました。


水準備中、04:40。

前日とは打って変わり快晴!とにかく景色が凄過ぎて大雪山に心底惚れました。歩いているだけで心が洗われていきます。冒頭の写真は出発直後に撮ったものです。


遠くに見えるのは忠別沼、右上の出っ張りが忠別岳。08:00。


その忠別岳からの景色。08:50。

忠別岳を越えたあたりから徐々に雲が出てきて、なんだか嫌な感じに。前日の二の舞だけはなんとしても避けたかったので、ここからは出せる全開の速さで動きました。


雲行きが…。9時過ぎ。

木道を歩き、この日の目的地であるヒサゴ沼避難小屋直前のピーク・化雲岳に着いたのが11:20。


どうやら天気は持ちそうです。

ここからも飛ばして歩いていたのですが、ここにきてまさかの道間違い!といってもヒサゴ沼避難小屋には辿り着けるのですが、その道自体が雪渓に埋まっているという展開。


完全に埋まっている。沼の真横の雪渓のトラバースは、滑ったら沼にドボンです。

なんとか通過し、避難小屋には13時前に到着。コースタイム7時間に対して6時間で到着しました。前日の雨で濡れた装備を乾かしつつ、続々と到着する人たちと談笑。この沼にはサンショウウオがたくさんいる!という話にもなりサンショウウオ観察などを楽しみました。


ウーパールーパーみたいで可愛い。

この後もさらに鹿が現れてみんなでワイワイ楽しんだり、17時に地元の人Wさんが到着し話してるうちに北海道の山についての見識を深めることができたりと、2日目は実に有意義に過ぎていきました。4日目を予備日として取ってある、という話をしたところ、「十勝岳かニペソツ山は日帰りでも登れる!」と周りから「山に行ったほうがいい!」と勧められ、翌日電波が届くようになった時点で計画を始めるのでした。前日と同じく、20時過ぎ就寝。3日目に続く。


ヒサゴ沼の夕焼け。

4件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください