旅立ち、さらば柏

鰻屋で飲んで食って喋って楽しんだ翌日は、部屋の引渡し日。この日をもって、真の意味で住所不特定無職になります。


鰻屋にて、写真を撮った時間を見ると0時前まで飲んでいたようで…。

軽い二日酔いの中、8時くらいに起きて部屋の残りの物を車に詰め込む作業開始。会社の人が立会いに来るのが13時なので、それまでに支度を済ませる必要がありました。どうにか支度を済ませ、13時過ぎに諸手続き完了。鍵を渡し、これで車=マイホームとなりました。


さらばアルビス、3年間お世話になりました。

思い返してみると、人生の要所要所で慣れ親しんだ場所や人から離れる動きをしてきたような気がします。18歳の時にオーストラリアから日本に来た時は8年間住んだ場所、20歳でカナダに旅立った時は東京で出会った仲間達、25歳で日本に帰ってきた時はカナダで出会った仲間達と、それぞれ別れてきました。そして今回、28歳でこの3年間で知り合った人たちから離れる事になりました。こう考えると、安定したらリセットしてまた0から始める、ということを繰り返しているのかもしれません。

今回違うのは、飛行機ではなく車に乗り込んだ、ということ。完全に自分の意思で今後の動きを決められるというのは自由なのと同時に迷いも生じます。次の目標は北アルプスですが、北海道から帰ってきて千葉の仲間達から離れたばかりですぐに次の動きに移れるような気分になれず、とりあえず北海道で無くした軽アイゼンの袋を買いに近くのモールへ行きました。

そのモール、映画館があるという事に着いてから気付き、とりあえず一旦何も考えない時間が欲しかったので3回目のシン・ゴジラを見てきました(特撮オタクが旅に出るとこうなります)。

ゴジラで力を注入し、18時過ぎに出発。この瞬間が自分の中で旅に出た瞬間でした。目的地は沢渡の駐車場。急いでいるわけではないので2日かけて下道で行く事にしました。昨日は群馬県の道の駅・甘楽まで辿り着き、車中泊。人が殆どいない実に過ごしやすい道の駅でした。

そして本日。起床してすぐ山行計画書の作成を開始。北アルプスへのスイッチが入ってきました。ある程度完成させていた計画書の細部を詰め、山岳会に提出。


道の駅・甘楽。お世話になりました。


デスクワーク。

その後、北海道や他の山での経験を参考に軽量化した食料を用意し、準備ができたので出発。9時くらいに出発して、今は英気を養うため松本駅付近の温泉にいます。


駅近の銭湯。

この後は近くのスーパーで今夜・明日朝の食料を調達し、給油してからいよいよ沢渡の駐車場へ。今夜はゆっくり、明日からの山行を想いながら過ごそうと思う。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください