沖縄放浪記其の五: 旅人が集う地、石垣島。DAY4~5

二日酔いと共に目覚めたDAY4(11/2)。起きたのが朝8:30と、西表島に行くのには既にアウトな時間。イギリス人Fは爆睡しており、大阪人S君はちょうど起きたくらい。とりあえず朝食を食べ、S君を連れ立って塩川商店へ。弁当に加えて二日酔いを覚ますためにトマトジュースも買いましたがあまり効果はなかったようです。西表島に行けなかったこの日はS君と一緒に行動しよう、という話になり、レンタカーを割り勘してもう1日借りたのでした。が、俺の二日酔いが酷く少し寝させてもらい、いざ出発しようと思ったのが10:30。その時間になって、ちょうど名古屋からの女の子2人も1階に下りてきてその日のプランを検討していました。車がないので観光しづらい、ということだったので、それなら4人で出かける!?という話でまとまり、行き当たりばったりなこの日はランダムな流れで4人で出かけることになったのでした。

この日行ったのは、例の如くまずはぱぱ屋。俺以外の3人は全員初めてということでしたが、全員絶賛のぱぱ屋。この日は二日酔いに効きそうなシークワーサーのミックスジュースを頂きました。この日も天気は雨で、朝の時点ではビーチに行く予定でしたが予定を変更して灯台に行くことに。間違いなく風が凄まじいとは思っていましたが、まあそれも面白いかな、ということで。今までずっと一人でドライブしていましたが、こうしてランダムに集まったメンバーでドライブするのもかなり楽しく(というより女の子がいるだけで華やかさが違う!)、個人的には3日目までとは全く違う雰囲気になりました。ワイワイ車内で盛り上がりながら辿り着いた平久保崎灯台(石垣島最北端の灯台)は前日と同じく突風が吹き乱れておりましたが、それ自体が面白く4人で吹き飛ばされそうになりながら写真を撮ったりして過ごす。

灯台のあとはそのまま南下して、これまた前日も訪れた玉取崎展望台へ。ここも眺めの良いポイントで、灯台ほど風が強くもなく落ち着いて景色を楽しめました。

空港に女の子2人を送ったついでに、空港でランチ。女の子2人は空港で食事を買っていましたが、塩川商店で弁当を買った俺とS君は空港で塩川弁当。どんだけ弁当好きなのか。ここで女の子のうち1人がミルミル本舗にアイスクリームを買いに行き、それを見た他3人も我慢が出来なくなり結局全員購入。俺が買ったのは黒糖アイスと豆腐アイスでしたが、特に黒糖アイスが激ウマ!!これは流行るわけです。

2人を見送った後、時刻は15:40。外は相変わらずの曇天で、この時間からなにかする、という雰囲気でもなかったので2人でゲストハウスに戻り、お互いハンモックなどでのんびりと過ごす。そうこうしているうちに2人のフランス人が帰ってきたので、4人で五升庵へ。BREXITの話やエールフランスのストライキの話など、前日とは打って変わって固めの話でこの日も盛り上がりました。ゲストハウスに戻って前日残した泡盛を飲み干し、就寝。翌日はフランス人らは西表島、俺とS君は竹富島に行きます。

※※※

DAY5、最終日(11/3)。朝食を食べて、まずは空港に行き荷物をロッカーに預け、給油し、車を返したらバス停へ。向かう先は港です。港から竹富島へは船で移動しますが、15分程度で到着します。それもそのはず、距離が6kmしか離れていません。竹富島に着いてすぐに借りに行ったレンタサイクル屋さんの近くで、イギリス人Fとまさかの再会!そういえば、前日から竹富島入りして一泊すると言っていたのをこの瞬間思い出したのでした。


真ん中がF、右がS君。

Fはこれで26歳というから驚きます。年齢不詳過ぎる(俺も人のことは言えませんが)。S君と島を適当にぶらぶらして、2時間くらいで自転車を返しに戻ってきました。


日本最南端のお寺にあった十二支の像(?)。珊瑚で出来ています。


水牛、これで島巡りが出来ます。そこらじゅうにいます。


こんな屋根の家がたくさん並んでいます。


昼ごはんはこちらで頂きました。


八重山そば+じゅーしー(沖縄の炊き込みご飯)セット、900円。
そういえば前回那覇に行った際にもこのじゅーしーで盛り上がったのを思い出しました。

予定よりも少し早めに石垣島に戻り、港の周りを少し散歩してS君と別れ俺は空港へ。


港にて、具志堅。

空港でチェックインを済ましフードコートに行ってみたところ、またもやFがいる!!これだけばったり会うというのはどんな巡り会わせなのか、と思いながら、フライトの時間まで2人で盛り上がり、彼にも別れを告げついに名古屋行きの飛行機へ。天気予報を見て知ってはいましたが、全国的に一気に寒くなってきており、戻った名古屋は石垣島に向かった時よりもかなり寒くなっていました。

あっという間の5日間。天候には恵まれませんでしたが、色んなことを詰め込んだ2日目はちょうど晴れており満喫できたので個人的には観光の面でも満足しております。今回の旅で特に印象に残ったのは、どちらかというと出会いの面です。トロントに住んでいた頃は日本人の留学生らと知り合うのは日常茶飯事でしたが、帰国してから長らくこうしてランダムに人と出会って行動を共にする、というのをしていなかったな、と気付きました。当時よりも歳を重ねて、当時の自分の年齢(よりも上)の人に「お兄さん」と呼ばれるようになり、自分と同じような年齢の外国人の旅人と接する、というのは、かなり刺激的な経験となりました。色んな国の、色んな人の、色んな生き方を見ていると、「人と違った生き方をする」という言い回しって実は間違っていて「人それぞれに、それぞれの違った生き方がある」方が自然なのではないかと思います。

まだ旅は終わっていませんが、少しだけ振り返ってみると、定住して毎日職場へ通っていた頃よりも、毎日移動して山の中や車の中で過ごしたここ数ヶ月間の旅の日々の方がより自分らしく生きていたような気がします。世界は広いし、日本だってまだまだ巡りきれていない。旅はまだまだ続く・・・。

NEVER STOP EXPLORING!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください