Harrodsで思うことは。

UKに来て1週間。滞在が延長して3月29日までいる羽目になったので、週末を2回過ごすことに。昨日土曜日は、こちらに一緒に来た2人と共に街に出かけることになりました。うち1人はロンドン初なので、市内観光をもう1人とすることになり、観光に興味のない俺は例の如くThe Archへ。


いつものジム、The Arch。

2月以降クライミングに行く回数がめっきり減っており、昨日は約2週間ぶりのセッション。筋トレは継続して行っているので速筋的なパワーは落ちていないと感じたものの、持久力がガクッと落ちており1時間半くらいで登る意思はあるのに腕が動かない始末。やはり定期的にクライミングに行かないと腕がどんどん落ちるな、と実感したセッションになりました。

その後、Knightsbridge駅で観光を済ませた2人と待ち合わせ、駅前の高級デパートHarrodsへ行くことに。極力物を減らしてミニマル・シンプルに生活しようとしている俺とは真逆に位置する高級デパートは、自分のこういった考えを助長する結果になりました。お土産コーナーには品質も内容もたいしたことがないモノが大量に陳列されており、にもかかわらず客でごった返していて大盛況。ここにいる全員がお土産を買わずにそのお金を寄付にまわせば世界の貧困の何%でも救えたのではないか?と思うとなんともやるせない気持ちに。

お金の使い方といえば今携わっているロンドンのプロジェクトもそうで、オーナーがこの建物にかけた多額のお金と同額を寄付にまわしたらどれだけの人が明日生きられたのだろうか。そう思いながらこのプロジェクト、ひいては今の会社に勤め続けるのは無理な話であり、一旦社会と完全に切り離されてもいいから旅に出て世界をもう少し見てみたいと改めて思いました。

こういったことを一緒に来た2人にも熱く語ってみると、意気投合しどうやら想いが伝わったようでした。以前ブログにも書いたように、アウトプットし行動を起こさないと何も始まらない。最近ブログを毎日アップしているのも、内なる気持ちを留めておいたら何も変わらない、思ったことを毎日アウトプットしたい、と考えるようになったから。今後もアウトプット+アクションを心がけていきたいと思います。

さて、本日はシャーロック・ホームズに会いにBaker streetへ。

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください