移動日は誕生日。そんな日に想うことは。

燧ケ岳に登り夜「君の名は。」を見た翌日、9/29。この日は移動日+お世話になった美容室に行く予定の日で、美容室は道の駅から2時間程度のところで予約は13時。10:20まで本を読みながら道の駅でのんびり過ごしました。この朝読んでいたのは「稲妻6」。以前訪れた石ノ森萬画館の菅原芳人WORKS展でこの作品の表紙が飾られており、興味を持っていたところ福島で訪れたエクセルシオール横のTSUTAYAで偶然発見し購入していたのでした。

柏に移動してからは1時間100円の激安駐車場を見つけて上がったテンションのまま美容室へ。ここ数ヶ月の数々の出来事を話しつつ、2ヶ月程度でかなりたくさんの経験をしたなと、話しながら気づいたのでした。

髪をバッサリ切ってもらったあとは翌日登る予定の雲取山の麓に移動するだけですが、ちょうど以前住んでいたエリアの付近を通り過ぎるので、ついでに3年間お世話になったスーパーに寄ることに。望郷というと大げさですし柏は故郷とは言い難い場所ですが、毎日のように通っていたスーパーに2ヶ月振りに訪れるのはなんとも懐かしく、人生の一時期はここを住処にしていたのだな、と、ふと振り返っていました。

スーパーに寄った後は、ここもまた何度もお世話になったコインランドリーへ。夏行くとよく蝉が店内に入り込んでいて、格闘したのも今ではいい思い出です。3ヶ月遅れくらいのジャンプが置いてありいつも乾燥機を回しながら読んでいたのですが、この日も今までのようにジャンプを片手に洗濯物が乾燥するのを待つことに。読んだワンピースでルフィが言っていたことが実に心に響きました。

(「引き返せ」という書置きを見て)
引き返せって事は引き返さなきゃ何か起きるぞって事だ
みんなそれをしっかり覚えとけ!
進むぞ!!!面白くなってきた!!

山でもよく、こういうタイミングが訪れるんですよね。突っ込むか、突っ込むまいか。天候やその日の自分のコンディション/テンションで決めたりするわけですが、突っ込むことの方が多いように思います。自分の信条として「やらなかった後悔よりやった後悔」というのがあり、もちろん危険な場合は引き返しますが「やっておけばよかった・・・」と思うよりは、「やったことで後悔はあるけど、やらなければこれも分からなかった事だ」と思うほうがましだというのが持論です。

さて、ルフィに勇気付けられた後は柏から奥多摩までの長距離移動。途中踏み切り+渋滞などあり辟易としながらも20時半くらいに登山口近くの駐車場に到着。この日は29回目の誕生日でもあったので、途中で酒を入手しメールのやり取りでしたが両親と乾杯。誕生日というのは自分の生まれた記念日であると同時に、生んでくれた親に感謝する日。これからも宜しく頼みます。

雲取山登山編に続く→

3件のコメント

  1. >進むぞ!!!面白くなってきた!!
    なるほど!国道を自転車で走っていて30cm脇を大型車両の自分の身長くらいの直径のタイヤが通り過ぎて行った時の感覚だ!!
    いい言葉ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください