そして浅間山へ

前回の更新から2週間以上経ちました。ここ最近は親友の結婚式、シドニー旅行、カラオケオールからの登山など怒涛の日々を送っておりまったく更新が追いついておりません。まずは順番に、筑波山登山から浅間山登山に至るまでの流れを備忘録をかねて記しておきたい。

11月18日(月)

I氏より「浅間山に行かないか」という連絡が入る。いつの間に浅間山の規制が解除されたのか!?と調べてみると、実は11月6日の時点で噴火警戒レベルが1に引き下げられていたようでした。気づいたI氏、相変わらずのファインプレイです。この時点では24日(日)にI氏とボルダリングする予定でいたので、その予定を浅間山に変えるかどうかの検討を開始しました。この日は午後に秋パン、夕方にエウレカセブンの新劇場版2作目のDVDを視聴。映画館に見に行った新劇場版1作目は見るに堪えない駄作っぷりだったので2作目にも期待していなかったのですが、これが想像の「斜め」上を行く内容。良作なのか駄作なのか判断が難しい、というよりこれはエウレカセブンなのか…?どう考えても某怪獣のオマージュであろうロボが暴れまわる様はもはや怪獣映画でした。いろんな人のレビューを見ていたら「劇場版うる星やつら2」に共通している部分が多いと言われており気になったので、その日のうちにこれもレンタルし視聴。感想…長くなるので割愛します。

11月19日(火)

この日はブログを書くことに集中するため近所の図書館へ。この時期は、22日(金)に予定していたクライミング仲間のOさん、Nさんとの外岩計画について天気予報が安定しないので場所決めに難航していました。22日の計画を立てつつ、この日は30日(土)の「先生最終日(仮)お疲れ様会」の開催も決定。11月後半も徐々に予定が入っていきました。ひたすら御嶽山のブログを書き続けて終わったこの日。他やったこととしては17日(月)に始まったばかりのアニメ新シリーズ「ポケットモンスター」の第1話を見たことくらいだろうか…。ガルーラへのなつき進化という設定はうまい!と思いつつも、舞台がカントー地方で野生のピチューからの進化というのには違和感を感じる。…と、書き始めると長くなるので割愛します。

11月20日(水)

この日もブログを書くために近所の図書館に行きました。週末の浅間山が可能かどうか天気予報を見てみると曇りになっている。I氏と相談し「曇りなら」ということで24日(日)の浅間山登山は中止となりましたが、この時点で直近の21日(木)の浅間山の予報は晴れ。浅間山はまたいつ噴火して警戒レベルが上がり規制が敷かれるか分からない山。早いところやっつけておくため、I氏に断りを入れて21日に登りに行くことを急遽決めました。

10月に高妻山に行った際、通行止めや交通規制で痛い目にあったので今回はその教訓を生かして事前にいろいろと調べました。すると、使用する登山口として考えていた車坂峠へ至る道のうち「湯の丸高峰林道」は11月21日より閉鎖、「チェリーパークライン」は逆に11月21日に土砂崩落の工事が完了し通行が可能になるという情報を入手。チェリーパークラインの工事は遅れによって通行可能になるのが21日よりも伸びる可能性があるという情報もあり、結果的に両方とも使えず車坂峠に到着できないということも考えられました。ただし、もうひとつの登山口である浅間山荘(あの有名な山荘とは別)であれば両方の道路が使用できなかったとしてもたどりつけるので最悪登山自体は可能です。とはいえ、当日の朝右往左往したくなかったので小諸の役所に電話して状況を聞いてみることにしました。13時過ぎ。記憶では土木課かどこかへ繋げていただき、事情を話したところチェリーパークラインは21日に開通する予定で、また午前6時くらいでもすでに通行可能になっているという確約を得ることができました。これで安心して出発することができます。

いろいろと調べてみたところ、車坂峠の手前20kmの地点に「道の駅・雷電くるみの里」があることが分かりました。この道の駅は車坂峠へ30分程度で到着できる位置にあるので、この日はこの道の駅を車中泊の宿と決定。雷電くるみの里へは高速を使用しない場合でも5時間もかからず到着できるのですぐに出ても着くのが早すぎます。そのまま図書館でブログを書き続けて結果的に家を出発したのは17時半くらい。近所の松屋で牛丼を食べて、スーパーで水や翌日の朝食・昼食、運転中に食べる甘いものなどを購入し、18時10分過ぎに本格的に車坂峠方面に向け出発しました。

車坂峠への道は半分以上高妻山への道と同じ。2019年は同じようなエリアばかり攻めた年となりました。出発前に少しあわただしく用意したからかヘルメットを忘れたことに運転中に気がつき青ざめます。ヘルメットは必携ではありませんが、噴火警戒レベルが引き下げられたばかりの山に入るのにヘルメット無しというのは心許なさ過ぎます。22時40分くらいにこの日の目的地である道の駅に到着。ヘルメットについて調べてみたところ登山口にあるホテルで貸し出ししているようだったので一安心。朝早くに行って借りられるかが心配ではありましたが、いろいろと調べてみたところ早朝に登山を開始した人の記録でもヘルメットを借りられていたのでなんとかなりそうでした。

外の気温は0度、この日は折しも東京近郊含め全国的に気温が下がった日。23時半くらいに就寝し翌日の登山に臨みます。

浅間山登山編に続く→

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください