ワンフェスと仮面ライダーと加賀屋と。

引き続き第1四半期の振り返りブログを綴っていきます。前回の続きで今回は2月以降最近までの分となります。

2月は1月ほどイベントが多くありませんでしたが、18日(日)のワンフェスは大いに楽しみました。ワンフェスといえば昨年夏にも参加しており、そのときのブログには「冬の陣にも是非参戦したい」とか書いておりましたがしっかりと参加しました。例の如く写真と共に振り返ってみたいと思います。

かなり多く見かけるシン・ゴジラ。

昨年夏もそうでしたが、かなり多く見かけるシン・ゴジラの造形物。映画は非常に面白いもののデザイン的に部屋に飾りたいとはどうも思えない。庵野監督はエヴァ完結編を作っているのだろうか。シン・ゴジラといえば、2016年の旅の最中も何度も映画館に足を運び、青森で最後に観たのを数えて5回も観ました。

韮沢風虫歯?

韮沢靖氏デザインの虫歯?です。見た目が仮面ライダーブレイドに出てくるジョーカーみたいです。韮沢靖氏といえば、追悼イベントに行ったのを思い出します。

一作前と最新のライダー。

さて、最後は最新の仮面ライダーたちで、手前はエグゼイド。ストーリーが実に良かったこの作品、昨年夏の単発映画「トゥルー・エンディング」、そしてその直接の続編にあたる「平成ジェネレーションズFINAL」(劇場に二回観に行きました)を経て、今年2月から3月にかけて「アナザー・エンディング」というトリロジー(三部作)を短期連続で映画館で上映していました。タイムリーにちょうど1月にエグゼイドまでの平成ライダー全作品を見終わった俺は、やっと追いついたという思いでこのトリロジーを楽しみにしていたのでした。

そんなトリロジーの1作目はワンフェスより前の2月12日(月)に既に見ており、2作目がちょうどワンフェス前々日より上映開始していたので、ワンフェス翌日の2月19日(月)に見に行きました。

トリロジー2作目、パラドクスwithポッピー。
役者さんたちのサインつきポスター。新宿バルト9にて。

エグゼイドは見るまではデザインで「え・・・」となりなかなか見ようと思えませんでしたが、いざ見てみるとストーリーが重厚で奥深く、二転三転してかなり楽しめました。そのエグゼイドも映像作品としてはトリロジーをもって完結してしまいました。

翌2月20日(火)。この日はある意味自分にとってターニングポイントとなる、勤め先に退職願を提出した日。まだ具体的にテーマは決めていないものの、次の旅に出るべくその下準備としてまずは仕事を辞めることにしました。希望退職日は4月30日で、提出した2月20日は話し合いの結果なんと3月末まで退職願のことは保留にすることとなってしまいました。よって現時点でも結果は保留のまま、提出してから1ヶ月以上が過ぎています。それでも辞める気がなくなったかといえばもちろんそうではなく、友人と話しているときに思いついた次の旅のテーマの一つ『世界中の世界遺産を巡る旅』に胸躍らせているところです。そろそろ退職日について話し合わなければいけない時期になってきました。

時は少し流れ、3月に入って1回目の月曜日3月5日。午後家を出てまず向かったのは新宿の映画館・バルト9。見に行ったのはエグゼイドトリロジーの最終作、ゲンムVSレーザーです。根強い人気があるのか席は思った以上に埋まっており、内容はというとこれまた安定の面白さで、ついにエグゼイドも終わってしまったか・・・と、エグゼイド『ロス』状態に陥る。トリロジーの話のさらに先を書いたらしい小説版エグゼイドが今から楽しみです。ウィザードやゴーストの小説版みたいに無駄な恋愛要素を入れるのだけは止めてほしいところ。

仮面ライダーの映画を見た後は新橋に移動し、年末に最終的に東京に戻ってきたハイエース組+Mさんで集まり『加賀屋』という謎のお店へ。この日のメンバーのうち一人だけ行ったことがある加賀屋へ何の前情報もなく行ってみた我々でしたが、まずその店構えの怪しさに怯み、店内の外人だらけの異様な光景にさらに怯み、そして一人で切り盛りしている超絶ハイテンションな店長(?)さんに激しく怯み、とにかく終始怯みっぱなしでした。

箸置きです。
これが箸置きです。もうめちゃくちゃです。

とにかくハイテンションな店長が名物のこのお店はメニューが詳細無しの謎のコースしかないにもかかわらず、外国人向けのガイドブックか何かに載っているらしくとにかく外国人に人気なのだとか。不安要素しかないコースメニューでしたが、肉じゃがや肉団子など案外家庭的な美味しい料理が思ったよりも多く出てきました。石川県の加賀屋を想像していくと予想の遥か斜め上を行き過ぎてどう反応していいのやら困ると思いますので要注意です。怪しすぎるウェブサイトを是非ご確認ください。

加賀屋
http://kagayayy.sakura.ne.jp/main.html

3月は加賀屋以外では友人のマンションにあるゲストルームで7人でお泊りしてワイワイ騒いだり、高校時代の友人らと久々に桜木町で集まったり、カラオケボックスに入ったのに1曲も歌わずに黙々と工作作業をしたりと、そんなことをしているうちにいつのまにか月末になっていました。『世界中の世界遺産を巡る旅』を思いついたのは桜木町だったりします。

年末年始から3月末まで、3つのブログで振り返ってみましたが、色々と出歩いていたなという印象です。退職願を出して以降、昨年後半に止まった時計がようやく動き出したように再びクライミングに打ち込み始めています。読書にも再びどっぷりとハマっており、2017年は年間を通して20冊しか読んでいなかったのに対して今年は既に15冊読んでいます。第1四半期が終わり、もうすぐ第2四半期。前進しなかったと後悔が募った昨年の反省を生かし、今年は常に前に進んでいきたい。

3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください