定住することの意味を考える:其の三

新橋の漫喫で目覚めた朝。この日はまず柏に向かいました。旅の途中でも立ち寄った、以前住んでいた柏の駅前にある美容室に向かうためです。まずは銭湯に行き汗を流し、休憩スペースでのんびりしたあと美容室へ。担当してくださっている美容師さんに旅の終わりを報告し、新年に向けて髪をばっさり切ってもらいました。ありがとうございました!長野の美容室の紹介、楽しみにしています。髪をばっさり切った後は野暮用で柏市役所に行き、そのあと電車で上野へ。時間が余ったのでモンベルや本屋さんなどに行った後、予約していたお店へ。

ワインの酒場。ディプント 上野店
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13155477/

ここが実にお洒落な店で、周りはカップルや合コン?らしきグループしかいない中、我々は男4人。でもそんなの関係ないんです!まずはHさんが登場、久々の再会に2人でワイワイ談笑しているうちにT次長とKさんも現れる。この2人からは開口一番「思ったよりも全然変わっていない」と、どんな感想か分からない感想を頂き、ワインで乾杯。前日の高校メンバーも楽しかったのですが、この日の前職メンバーもめちゃくちゃ盛り上がる。個人的には「戦友」という認識でいるわけですが、携わっていたプロジェクトが未だに終わっていないことに驚愕。一体いつになったら終わるのやら?この店は本当にオススメで、12月なのにも関わらず席2時間半で、4,000円のコースは食事の量もかなり多い。次回上野に行くことがあったらここにまた来たい。

当然の如く行くことになった2次会はすぐ近くの店。ここでHさんがおやすみモードに入られたので、残りの3人でワイワイと色んな人の話で盛り上がる。話は海から宇宙まで壮大なスケール(?)になりました。全員一度も席を外していないのに会計がいつの間にか終わっているという怪奇現象が発生し、2次会で支払った総額は結局烏龍茶代の900円のみ!!わけが分かりません。携わっていたあのプロジェクトは個人的にも思い入れがかなり強いので、竣工した暁には是非ロンドンに見に行きたいものです。またの再会を楽しみにしています!

この日も前夜と同様宿代を浮かすため上野の漫喫へ。4ヶ月も車中泊の旅を続けてきた今、数日の漫画喫茶泊なんてへっちゃらです。

翌23日、祝日。この日は専門学校時代からの盟友・Z氏と今年2回目の再会を果たすため秋葉原へ。その前に汗を流したかったので、国指定有形文化財の銭湯・燕湯へ(つばくろ、と呼んでいましたが”つばめ”らしいです)。熱いことで有名な銭湯ということですが、熱すぎるということはなく実に気持ちよかったです。さすが上野というだけあってか外国の人が多く入っていました。

燕湯
http://www.tsubameyu.com/

Z氏と合流したあとはクライミングジム・秋パンへ。最後にクライミングジムに行ったのは広島のCERO。ここ最近全然やっていなかったので衰えが酷く、かろうじて5級が落とせるという始末。これから精進します・・・。ジムのあとは反省会。この日は、退職記念ということで焼肉をご馳走してくれました。しかもいい肉!!Z氏ありがとう!!!


ほっぺたが何回落ちたことか。

美味しい肉をたらふく食べた後は2次会でワタミへ。今までを振り返りつつ今後の人生の話をしたりと、かなり盛り上がりました。思えば知り合ってから既に10年以上経っており、専門の頃の友人はお互いにお互いしか連絡を取っていないという。あの専門がもたらした一番の成果は、Z氏と知り合ったことかもしれない。次会うときは、お互い何を語るのやら?

都内での楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、その日のうちに長野へ。色んな時代の仲間達がいる関東地方から長野に戻ってくると、果たして長野に住むという選択肢は正しかったのだろうか、と、迷いが生じます。でも、それは新しい場所に挑戦したときに最初に必ず生じる迷いだというのを、経験上知っています。専門に入る前はZ氏と知り合っておらず、そのあとカナダで知り合った人たちとはカナダに行っていないと出逢えておらず、前職の面々とも就職するまで知り合っていなかった。そう考えると、まだ知り合いと呼べる知り合いが全くいないここ長野でも、これから色んな出逢いが待ちうけているのだろうと思う。

長野に戻ってきてから今日に至るまでは、家から通える範囲のクライミングジムに行ったりしながらのんびりと過ごしていました。旅が終わってから忙しなく動いていたので(仕事はしてませんが)、こうして12月を振り返るブログが書けるくらいようやく心に余裕が出来てきたのだと思います。この4日間で行ったクライミングジムの内、気に入ったのは車で20分くらいのところにあるアートウォールというクライミングジム。千葉で通っていたインフィニティに雰囲気が似ており、オートビレイも完備されているので色々な練習が出来そうです。

アートウォール
http://artwall.jp/top.htm


9mのルート壁。クライミング仲間がほしい!

定住することの意味、それはまだ出ていません。もしかしたら、出ないのかもしれない。今は更なる飛躍に向けて力を蓄える時期だと思っているので長野にいますが、いつまたWanderlustが疼くか分からない。そのときはきっとそのときなのだと思うし、思うがままに生きるのが一番自分らしいのだと思う。

そして明日からは今年最後の旅へ。まずは静岡・沼津に外岩クライミングに行き、その後ボランティアをしに南三陸へ。旅の最中に年が明け、長野に戻ってきてからが本当の長野生活の始まりです。

今年の旅の道中、応援本当にありがとうございました。様々な出逢いに溢れた旅で、本当に旅をして良かったと思っています。

次の更新はきっと年明け。皆様、良いお年を!!

4件のコメント

  1. 楽しく読ませてもらいました。
    また、新しい未来に向けて挑戦ですね。
    青年は荒野の中を進める力を持っている。
    新しい経験を期待します。

  2. >nagoyadragonwoodさん
    いつも応援ありがとうございます!今は正直次の挑戦をなににするか、悩んでいるところです。が、悩んでいるということは前に進んでいると思って、前向きに頑張ります。次にお会いするときはきっと何か目標に向かって進んでいる最中だと思います。再会を楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください