北海道放浪記: 十勝岳登山


白銀荘全景。下山後に撮った写真。

大雪山縦走が終わっても北海道の旅はまだまだ終わらない。すぐ近くに山がいくつもあるのに帯広で観光してる場合なのか!?という趣旨のアドバイスに「そりゃそうだ!」と納得した俺は、トムラウシ山下山翌日に十勝岳に登ることに。


早朝の白銀荘テントサイト。手前に見えるのは前十勝岳で、十勝岳はもっと奥。


6時前出発、登山口。


7時前の地点にて。下界は晴れてますが山頂を見ると見事にガスってました。

この山行には写真が殆どありません。というのも、ある程度の標高に達した時点で猛烈な突風が吹き荒れていて、転ばずにまっすぐ歩くことに全神経を集中させる必要があったのでした。晴れ間が覗くことは一度もなく、結局登頂するまで凄まじい天気が続きました。


ここでは頑張って撮りました。

下山後は温泉。前日に引き続き2日連続。「せっかく旅するなら山と温泉をセットでやらないともったいない」というアドバイスをヒサゴ沼で受け、早速実践に移している感じです。ここの温泉も十勝連峰を見ながら入る露天風呂など最高だったのですが、軽く寝てたら手の甲をチクっとアブにやられるというハプニングが。先日の小川山でも刺されましたが、なんだってこうアブに狙われやすいのか…。

風呂の後はバスで上富良野駅に移動。1時間後に別のバスに接続できるのでラッキー…と思っていたらバス停を間違えプラス2時間待ち。4日間の山行も終わり、そうせかせか動く必要もないので、ブログを書きながらのんびりバスを待ち、現在はバスの中。

この後の予定は、帯広に着き次第帯広人のソウルフード(らしい)・インディアンカレーを食べ、近くの漫画喫茶で宿泊。明日はフライト前に植村直己記念館(氷雪の家)を見学し、これまた帯広人のソウルフード・ぱんちょう豚丼を食べてきたいと思います。

4件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください