友人と再会して想うことは。

2ヶ月ちょい全国を巡って、東京に一時的に戻り久々に友人と再会して想った事です。


山にハマる契機になったともいえる北アルプス縦走時の写真。今でも二人の背中を追っているような気がします。

仕事を辞め、親元からも友人からも離れて一人旅を続けていても、メールやSNS、ブログなど様々なツールで人との繋がりは常に保たれており、iPhoneが故障してこの接続が絶たれた時の恐怖は今でも忘れられません。一人旅をしたことで、改めて周囲に一個人として認識されていることの尊さに気付いたような気がします。人と繋がり交流することそれすなわち生きていることなのでは?とすら思います。幼少期に旅立った名古屋、そのあと人生のうちの一時期を過ごしたシドニー、東京、トロント、千葉・・・いずれの場所でも滞在していた時期には自分の「仲間」だと思えるような人たちに囲まれており、自分は幸せな環境にいたんだなぁと改めて実感。

最近は旧友のことを想うことが多く、ちょうど3年くらい前にも同じように旧友のことを考えていた時期がありました。3年前というと、今のクライミング仲間とクライミングを始める前。この当時すでにボルダリングをやってはおりましたが、リードはやっておらず、外岩未体験はもちろんのこと山に対してまったく興味を持っていませんでした。それが今では就職活動をして入った会社を辞めて全国の山を巡る旅をしている。3年前の自分は今の自分を全く想像できていなかったし、3年後の自分を今想像することもできません。このことは自分のブログで再三書いてきたことでもありますが、振り返ってみると過去にはこんなこともブログに書いており、過去の自分から今改めて問われているような気がします。

未来の自分がハマるものを、今から想像できるだろうか?(中略)今熱いと思うものは昔からすぐ側にあったし今も「未来の俺」が熱いと感じるものが自分の周りに存在していることになる。(中略)世界はこんなにも面白いものばかりで満ち溢れている。もっともっと、色んなことに挑戦していかないともったいない。前々から言っていることだけど、向かう先がある程度見えている(と思っている)という事は、自分の想像力の範疇にまだいるという事で、「真のピーク」は今の自分では想像すらできないような高い所にある。

もし自分が自分の人生を通して何かを示しているのだとしたら、それは「何歳になっても新しいことを始められる」ということであり、また、「何かを始めるのに遅いことはない」ということ、そして「興味を持つことで自分の世界はどこまでも広がっていく」ということだと思います。同年代で「もう歳だから・・・」というのを聞くたびにうんざりしますが、例えば山に入れば「さすが若いね!」と毎回のように言われます。自分が老いたかどうかは気の持ちようと周りからの評価ではないかと思います。過去の偉人を例に出せば伊能忠敬が天文学に興味を持ち勉強を始めたのは50歳を過ぎてからで、松尾芭蕉が奥の細道の旅に出たのは46歳。

自分が影響を受けた人の中に小野裕史という人がいます。詳しくは:

ノーポチ、それは人生を変える言葉:マラソン中毒者(小野裕史)
http://kajikenblog.com/?p=4174

こちらのブログで紹介されていますが、小さい頃は運動音痴で内向的、登校拒否を起こし入院してしまうような人だったにも関わらず、今では100人以上の人前で自分のチャレンジにマシンガントークでアツく講演で語ったり、北極や南極で100kmマラソンに挑戦したりしています。

ブログには;

ひょんな縁で「自分もあんな人間になりたい」と思える友人らに巡りあい、夢中になって彼らの背中をただ追いかけているうちに、少しずつ心を開き、人と喋れる人間へと成長し、飲み会では誰よりも喋り周りを盛り上げなくては気が済まないほど騒がしい人間にまで変わってきた。

と書かれておりますが、俺の場合でも昨年初めて北アルプスに行った際縦走路を軽やかに歩くOさんNさんコンビを見て以来「俺もあんな風に歩けるようになりたい」と文字通り背中を追いかけてきました。数々の山を歩き体力がついてきたのか、今では「普段はトレランをやっているんですか?」と人に聞かれるくらいにはなりました。上で書いた小野さんほどのことは出来ておりませんが、俺もつい2年くらい前までは自分のことを「運動音痴」だと思い込んでおり、今後自分の人生で体力や脚力勝負の世界に飛び込むことはないと思っていました。自分の秘められたポテンシャルは、挑戦してみないと分からないということだと実感しています。

想ったことを羅列していっただけなのでやや支離滅裂ではありますが、「挑戦することでしか見えてこないモノ」は一生をかけても見尽くすことは出来ないと思います。友人と再会し色々なことに想いを巡らし、「まだまだ、これからも色々なことに挑戦していきたい」と、今はそんなことを想います。

NEVER STOP EXPLORING!

8件のコメント

  1. 元気ですね。週末のブログ楽しみにしています。東北から南下し、もう関東なんですね。名古屋に近くなったら連絡下さい。旅のはなしを聞かせ下さい。これからも良い旅を楽しんで下さい。

  2. >nagoyadragonwoodさん
    読んで頂いてありがとうございます!どうも雨が多く、本当は大朝日岳や男体山、至仏山、赤城山、皇海山など行きたい山が色々あったんですが泣く泣くスルーして山梨まで来ました。10/22に名古屋で友人の結婚式があり、それに合わせて移動するので道中天気次第で色んな山に登ろうと思っています。名古屋入りする日が決まったら連絡します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください