さようなら、全てのエヴァンゲリオン

3月に入りました。前にアップしたブログに書いたとおり2021年3月はポケGOにどっぷりの毎日でしたが、それでも週末はほぼ毎週出かけています。今回のブログでは待ちに待ったシン・エヴァンゲリオンを見に行った日とホワイトデー企画で銚子に鯖を食べに行った日のことを振り返ってみたいと思います。

3月第二週、平日(3/8~3/12)

3月8日(月)。この日は待ちに待ったシン・エヴァンゲリオンの上映開始日。公開初日のレイトショーで見に行こうと思って調べてみたところどの映画館も緊急事態宣言の影響でレイトショーを行っていない。細かくコロナの影響を受けます。相談した結果週末に先生と見に行くことになりました。この週はネタバレを踏まないよう細心の注意を払って過ごすこととなります。この日は前日のマクロスデルタ応援視聴で激眠い。もはや勢いでしたねあれは。

ピクニック?
ポケGO三昧の週末に入手したおにぎり。

3月10日(水)の時点で週末の予報は日曜日がかろうじて晴れそうな感じ。土曜はどこもダメっぽかったのでシン・エヴァ鑑賞は土曜日で考えていました。ただ、2月の週末を山に注ぎすぎた二人はある意味で週末のない生活を2ヶ月くらい続けており疲れが蓄積している。先生が口癖のように「余裕がほしい。ゆとりがほしい」と言い出しており、この週末は天気の良し悪し問わず山は一旦お休みにしようと考え始めていました。そして木曜日の時点で土曜日は相変わらずの雨予報で日曜日はどこもてんくらのランクがC。日曜日は銚子に鯖を食べに行くことを俺から提案し、二人で山か鯖か迷い鯖に決定。土曜日の予定は11時30分からエヴァ鑑賞、その後ボルダリング。日曜日は鯖です。そして週末へ。

3月13日(土)

3月13日(土)、11時30分の回でシン・エヴァンゲリオン鑑賞。傑作とか名作とか良作とか、そういう言葉では表しきれない不思議な余韻を残す作品でした。エヴァンゲリオンという作品の登場人物たちが、エヴァンゲリオンという作品を卒業するのを見送るような感覚。そしてそれを見届けることで自分自身もエヴァンゲリオンから卒業するという寂しいような肩の荷が下りたような感覚がありました。

小学生のとき、ミュータント・タートルズが終わってエヴァンゲリオンが始まり第一話を観た感想は「なんか怖い」。そしてシドニーで改めてTVシリーズを観て抱いた印象は「意味わからん」。それでもエヴァ関連のフィギュアを購入したり、新劇場版が始まってからは序と破、特に破の展開に震えるほど感動したり、Qの展開で開いた口がふさがらなかったり。最近ではシンカリオンでのコラボで歓喜の声を上げたりと、なんだかんだ少年から大人になるまでエヴァンゲリオンという作品は自分の割と近い場所にいたような気がします。そんなエヴァンゲリオンの完結編は、キャラクターたちが作品を卒業して前に進み始めたのを見届けることで観客も同時にエヴァンゲリオンからの卒業を味わえるという、今までにない体験型の映画だったように思います(あくまでも自分が見た印象ですが)。これはエヴァンゲリオンが近い場所にいた期間が長い人であればあるほど感じることだったと思います。こんな映画体験はもしかしたらこれから先味わえないかもしれない。そう思わせるくらいすごい映画でした。

さようなら、全てのエヴァンゲリオン。

エヴァ初号機完成!
昔描いた所号機をなんとなく思い出す。

長くなりましたが、そんなシン・エヴァを観終わりパンフレットを購入したらすでに14時半でした。駐車代が無料の時間内に映画館を出て、近所でお茶+軽食しようと立体駐車場から表に出たところ・・・

豪雨。

とんでもない大雨です。運転が怖くなるくらいのとてつもない大雨。外に車を停めて喫茶店に入る、という一瞬の屋外ですらはばかられるくらい激しく降っていました。立体駐車場のある近くのモールに行こう、と決めてモールへと移動します。結局屋上に停めることになり一瞬の屋外を走って屋内に入りました。パンフレットを眺めながら大戸屋で食事していたところ、パンフレットに同封されていた小冊子で先生がこんな広告を見つける。

なんだってー!

なんだってー!スモールワールズと言えば2月23日(火)に盟友Zから教えてもらったばかりで行ってみたいと思っていたところ。3月末だとぜんぜん時間ないな、と思いましたがこの日の夜調べてみたところ映画の上映がずれた影響で特典の期間もずれている。

まだまだ、余裕で期間中

先生、ナイスです。この時点で盟友Zにさっそく翌週末に先生と三人で行かないかとお誘いしました。結局このパンフレットを持参して翌週末含め2回行くことになります。さて、16時50分過ぎに大戸屋を出たらボルダリングジムへ向かいます。17時過ぎからボルダリングを開始しますが、このあたりから先生の体調が絶不調になる。いったいどうしたのかというくらいの絶不調っぷり。1時間かそこら滞在して撤収しました。スーパーに立ち寄って帰宅。翌日の銚子鯖紀行をやめるべきではというレベルの絶不調でしたがなんとか体調を持ち直し、出かけても問題ないレベルまで回復しました。

3月14日(日)

そして日曜日。銚子鯖紀行はバレンタインでチーズケーキをくれた先生へのホワイトデー企画でもありました。前日とはうってかわって見事な快晴。向かったのはこれで自身3回目となる「丼屋 七兵衛」です。極上さばの漬丼が旨いんです、本当に。

三回目になる七兵衛
13時20分くらいに到着しました。

極上さばの漬丼!!

旨すぎる!何度だって来たくなります。そのあと向かったのはすぐ近くにある圓福寺。前回先生と来たときもチラッと立ち寄りましたが、今回は本堂の中に入ったりとがっつり立ち寄りました。

朱色が青空に映える、圓福寺

中に入って参拝を済ませ、御朱印をいただくべく御朱印帳を預けて堂内を見学していたところ住職?の方が話しかけてこられる。細かいところまで色々と解説してくださり、なんでもこのときは(記憶では)疫病退散を願って300年ぶりのご開帳だったとか。貴重な時期に偶然ここにいたものです。天井には各地の観音様が描かれており圧巻。

圧巻の天井

先生と二人で床に仰向けに横になって天井をしばし鑑賞。不思議な体験でした。前回来たときはなかった、上の写真にも写っている「角塔婆(かくとうば)」。説明によると角塔婆はご開帳されている仏様の指と紐で結ばれており、角塔婆に触れることで仏様と縁が結ばれるのだとか。知りませんでした!

圓福寺、御朱印
いただいた御朱印。お手製の紙のクリップ?が可愛い。

御朱印帳をいただき、表に出て角塔婆に触れてみます。

縁が結ばれた、だろうか?

実に面白い体験ができました。境内を散策したら次に向かったのは以前巨漢Sらと来たウォッセ。

うおっせ

魚介類を眺めながら歩いて周り、はんぺん(いわしごぼうといかめんたい)を買って食べたりしました。着いた時点で時刻はすでに15時近く、出たときにはすでに15時を過ぎていました。それでもまだ銚子散策は続きます。次に向かったのは犬吠埼のテラステラス。ここも以前巨漢Sらと訪れた場所です。15時半前後に到着し、アイスがシューに詰まったシューボールなどを買い食い。思えばこの日は食べてばかりだったような。

水平線ーーー!
犬吠テラステラスからの眺め。

地ビールを買い、16時前後にテラステラスを後にします。近くの海岸で海を眺め、おそらく20分くらい滞在し自宅方面に向けて出発。19時前に近所のスーパーに到着しました。実に充実したホワイトデー企画、銚子には定期的に鯖を食べに行きたい。そして翌週末はスモールワールズ東京に先生と盟友Zの三人で行くことになります。

スモールワールズ東京編へと続く───

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください