ひまさんと行こうぜ!伊豆編

八ヶ岳山行から数日後の平日、5月26日(水)。週末の天気が曇り傾向になっているので予定が山ではなくなる雰囲気がすでに漂っていました。天気のみならず、5月だけで俺と先生は奥秩父から北アルプス日光、八ヶ岳という改めて振り返ってみるとバカみたいに広範囲の山に通ったので感動の閾値が高くなってしまっており、次に登る山を決めかねていたのでした。

そして突入した週末。土曜日の時点でも翌日行く山が決まっておらず、11時前から地図を広げて先生と大いに悩みます。かろうじて晴れていそうなのは両神山あたりで、快晴っぽいのは燕岳あたり。尾瀬も晴れそうではあったものの、植生保護のため至仏山の登山道が閉鎖の時期に入っている。燧ケ岳は登山口が遠いし・・・。数時間検討しても全然決まらない中、ふいに思いついたのは「明日ひまさんと遊ぶ」という名案。魔王Sに連絡したところ「明日OKやで」との回答が1分後に届く!ようやく予定が定まりました。夕方まで魔王Sと連絡を取り合い、伊豆に行くことに決定。山に行かなくとも遠出はするんです。待ち合わせは8時半日本橋駅前に決定しました。

そして日曜日───。まずは登場人物を紹介したい。

チーム紹介

無敵の可愛さ「ひまさん」。もはやほかのメンバーの紹介は不要で、この回の絶対的な主人公であり他の追随を許さない圧倒的な可愛さを誇るわんちゃん。飼い主は魔王。

それでは早速振り返ってみたいと思います。

5月30日(日)ひまさんと遊ぼうの会 PART III

8時35分くらいに日本橋駅前でひまさんに連れられた魔王Sと合流。ひまさんに連れられた、で正解です。この日向かったのは伊豆にある「愛犬の駅」。わんこグッズがあったりドッグランがあったり、愛犬と楽しめる施設なんだとか。3時間弱運転して到着した愛犬の駅にて早速みんなでドッグランに入りました。

ここから降ろして!
早くこんな高いところから降ろして!顔。

ひまさんとひとんちの子
ほかのわんちゃんとも絡むひまさん。

ご満悦
先生もご満悦です。

一日出入り自由なので、45分程度滞在し12時を過ぎたあたりで食事を摂りに移動します。この日向かったのは本家鮪屋という店に併設されている、愛犬同伴で入れる「和食だワン」。ネーミングセンスが秀逸すぎる。

本家鮪屋 和食だワン(公式サイト)
https://honkemaguroya.com/wan/

メニューを見ながらワイワイしている中、大人しくしているひまさん。早くしてくれ、と言わんばかりの顔もまた可愛い。

はやくして~
早くしてくれ、顔。

注文し、そして到着したお寿司たち。とにかく海鮮が好きな先生と俺。先生曰く「年取ると肉より魚が食べたくなる」のだとか。

回遊してる寿司!
寿司の群れ!!頼んだのは魔王です。

なんか辛いの
先生はなんか辛いの食べてました。

海鮮に満足し、13時過ぎに店を出て次に向かったのは大室山。大室山といえば、あの過酷だった鳳凰三山登山の翌日に沼津から伊豆までを観光したとき仲間たちと(リフトで)登った山。まだ去年の話ですが、あれからいろんなところに行き過ぎてかなり昔の話のように思います。この日のハイライトは間違いなくここ!前回よりも晴れており眺望絶佳。ひまさんも大興奮だったように思います。

火口の中にはアーチェリー場

火口の中のアーチェリー場で楽しむ人やパラグライダーで楽しむ人がいます。

こわい~~~

無理やり持ち上げられるひまさんは・・・

笑顔はどこへ

もちろん嫌がっています。

大室山からの景色

あたりはこんな景色。Sよ、これは少し写真を加工したな・・・

まるでミニチュア

ミニチュアみたいな写真が撮れます。

パパラッチ

先生はずっとひまさんを追い掛け回していましたね。人としての道を踏み外しそうになりながら。

首傾げてる!

可愛すぎるぜ

可愛すぎる!!

前を向いてくれない

全然前を向いてくれないひまさんと、「どんだけ~」とか言い出しそうな魔王。

───

お鉢めぐりをして下まで戻ってきた時点で、予期せぬことが起こります。魔王が熱中症気味になり体調を思いっきり崩している!魔王の弱点は熱中症ということが判明しました。魔王攻略に苦戦したときは日の光にさらそう。そんな魔王の車の中の様子がこちら。

しかばね

へんじがない。
ただの しかばねの ようだ……。

ひまさんが思いっきり小さく見えるのは目の錯覚です。いったん愛犬の駅まで戻り、魔王とひまさんを車に残して隣の薬局に薬を買いにいきました。くんくん鳴くひまさんが可愛すぎる。15時15分くらいに車に戻り魔王に薬を渡すと、

「二人で・・・遊んできてええで・・・

道半ば倒れた戦士が志を託すような面持ちでひまさんを託されます。遊んで欲しいのにしかばね状態の魔王では話にならないと悟ったひまさんは、喜んで(?)我々についてきました。思いっきり一緒に走ったりじゃれたりと、我々のほうが遊んでもらっているような状況です。ご主人は車の中でしかばねになっていましたが、ひまさんはおおはしゃぎでした。復活した魔王(こう書くとRPGっぽい)がドッグランに現れ、場所を屋内ドッグランに移します。ここでも愛想を振りまきまくるひまさん。

つぶらなお目目

この日は一日中ひまさんに癒されていました。翌週が5歳の誕生日というひまさんに俺と先生から新しいおべべを買ってあげたりしていたらもう16時半近く。そろそろ帰路に就かないと帰りが遅くなってしまいます。移動を開始し、そのまま帰る・・・のかと思いきや、向かったのは道の駅・伊東マリンタウン。帰る気がないようですこの人たちは。試食したりお酒を買ったり甘いものを買ったりしていたらいつの間にか17時40分。さすがに移動を開始しました。


日が沈み始めている。

帰りの有料道路や高速はどこもかしこも大渋滞。迂回したり下道を使ったりしましたが魔王の城に着いたのは結局21時過ぎ。首都高分かりにくすぎるぜ!!先生と俺もなんとか家近くに22時前後に到着。長い一日が終わりました。魔王曰く、この日はひまさんが今までで一番長く出かけた日だったのだとか。そのせいか、23時過ぎのひまさんはこんな様子だったようです。

おねむ

ゆっくり休んでください!こうして三回目となる「ひまさんと遊ぼうの会」が終了しますが、ひまさんとの再会は思っていたよりもすぐに訪れるのでした。

次のひまさんへ

6月3日(木)。例のごとく山の計画をあーだこーだと話し合っている俺と先生でしたがこの週末はどこもかしこも曇りばかり。ひまさんと遊んだ週末も色んな山行記録を見るとどこも雲が多いので伊豆に行って正解だったようです。結局この週末は山に行くことを断念。断念ついでに金曜日にジントニックをアホほど飲んで土曜日ぶっ倒れた先生と俺でした。土曜日の午後になり、魔王からひまさん写真が送られてくる。

このおべべは!

園児服みたいなこの服は我々が誕生日プレゼントに差し上げたおべべ!相変わらずキュートすぎるぜ!!さて、この日はジントニックにぶっ倒れながらも夕方になって近所の山道具屋に行き、先生は登山靴、俺はおニューのザックを入手。

オスプレーのザック
オスプレーのTALONタロン33L。

ここでは先生を接客してくれた人がなんと山仲間OGTのお兄さんという偶然の出会いがありました。色々と良くしてくださってありがとうございます!山道具屋って何であんなに楽しいのだろうか。この日の時点で既に魔王Sと翌週末どこか行かないかと相談を開始しています。

翌日曜日はコメダに入り浸って精算やら家計簿やらブログ執筆に明け暮れる。そしてこの日、愛車のタント氏の走行距離が記念すべき瞬間を迎えました。

123456kmモーメント!
ちょうど駐車場にて撮影できた。

123456km

です。これからもよろしく頼みます。次の週に入り、6月9日(水)の時点で土日両方とも空いていると魔王より連絡が入る。箱根、鎌倉、長瀞、など色々な案が浮上し、最終的に三浦半島にある水族館に行く(+海鮮)ということで計画確定。出かける度に海鮮食べている気がしないでもない。日曜日の待ち合わせは9時過ぎ新橋駅前。魔王と先生、二人とも新橋にきてもらうこととなりました。

ひまさんと遊ぼうの会 PART IVへと続く───

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください